援助交際で若い女性を希望している男性は多い

援助交際をしたいと考えている男性というのは、そのほとんどが若い女性と援助交際をしたいと考えているのではないでしょうか?

その援助交際の相手を見つけることができても、メールで確認をした年齢よりもかなり年を取っているようにしか見えない女性が現れるということだってあります。

援助交際のあっせんをしている組織なのであれば、こちらが希望をしている年齢の女性を斡旋してくれるのでしょうが、それでも、言っていた年齢よりも年を取っているようにしか見えないと言う事もあるのです。

言っていた年齢と全然違っていて、妥協をすることができないのであれば、会った時点でそのまま帰ってしまってもいいでしょう。

前払いでお金を出しているのであれば、返金を求めるだけ求めてみてもいいでしょう。

ただし、一度支払っているわけですから、こちらが求めても返金をしてくれるケースというのはあまりありません。

また、相手が組織的に援助交際をしているのであれば、返金をしたことによってトラブルに発展をする可能性も無きにしも非ずなのです。

後払いでまだお金を支払っていないのであれば、そのまま帰っても問題はありません。

援助交際というのは、実際に会ってから交渉できるのであればまだしも、インターネットやメールでやり取りをしているわけですから、本当にその年齢なのかというのは、分かりにくいものです。

中には写真を公開してる場合もありますが、最近の写メはいくらでもごまかすことができます。

少しくらい年齢が違っていても、許容範囲なのであれば、そのまま援助交際をしてもいいのではないでしょうか?

援助交際では女性が受け入れる側になる

援助交際の場合、主導権を持っているのは男性です。

男性は女性にお金を出すスポンサーの立場となるわけですから、必然的に女性は受け入れる側の立場となるのです。

ですから、男性の要望はある程度は叶えるようにしなくてはなりません。

男性も性欲が溜まっていたり、何かしらの要望があるから、わざわざ援助交際をしようとしているのです。

ですから、突拍子もないことをしてこようとしてくる男性もいるでしょう。

あまりにも無茶な要望じゃない限りは、男性の要望を満たす必要があるでしょう。

男性がスポンサーで女性はその代りにサービスをしなくてはならないのですから、ある程度は割り切って考えるようにしなくてはなりません。

男性に体を預けなくてはならないのですから、多少のことは目を瞑らなくてはなりません。

自分がしたくないことをしなくてはならないこともありますから、その男性と会っている間中、不機嫌になってしまう女性もいるかもしれませんが、女性は男性からお金を受け取っている立場ですから、ある程度は割り切っておかなくてはなりません。

男性としても、サービスをしてもらうためにお金を出しているのだと思っているわけですから、女性が気に沿わないことをすると、苦情を言ってくるかもしれません。

絶対に無理なことをする必要はないのですが、それなりに我慢をしなくてはならないこともあると言う事です。

ですから、事前にメールの打ち合わせで、男性がどのようなことを望んでいるのかある程度は確認をしておいたほうが良いかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ